Ksoo-KSOO-hoo-lahとは?

ソソホラとはインディアンの言葉で「ビーズ」のことを意味します。ソソホラのビーズ細工は、作り手が生まれ育った鎌倉の自然溢れる豊かな環境の中で、自らが見て、触れて、感じたものをビーズ&鹿革を通して表現しています。

他には無い自分だけの物を作りたい、自分の持っている何かを表現したい、という気持ちからソソホラの作品は生まれました。 ビーズの色の組み合わせは、全てソソホラ独自の色彩感で作られており、手法は手縫いで革に刺して行くレイジ−ステッチという技法です。

革部分も温かみのある風合いになる様、一 切機械を使わず手縫いで仕上げております。 ベースとなる革は、耐久性、通気性、保温性にすぐれている鹿 革を使用しており、自然な風合いを残す為に色止め、発水加工等は一切行っておりません。その為、使い始めは色落ちする事がありますので、他の物との保管はお避け下さい。 また、革それぞれが持つ特徴を十分に生かし、自然ならではの傷や穴はデザイの一部として使用しております。 ソソホラの生み出す作品には、出来る限り自然な仕上がりを心掛け、ジョイントする金具等もなるべく土に帰る素材を用いる様にしております。

使用中に起きた「ビーズ部分のほつれ」等につきましては、修理をさせて頂き長くお使い頂きたいと思っています。

是非一度 ソソホラが生み出すビーズ細工の色彩、風合いを手に取って感じてみてください。